バックナンバー目次一覧
(100号~最新号)

『鎌倉』119号

源頼朝と薬師信仰 田井 秀
戦国前期の房総里美氏に関する考察
―新出足利政氏書状の紹介と検討を通じて―
滝川 恒昭
旧建長寺末寺考(10)―熊本県(肥後国)編― 鈴木 佐
『亀谷山記録』(14) 鎌倉古文書研究会
『鹿山公私諸般留帳』(46) 三渕 美恵子
神奈川の窓(36)―「地方史研究」から― 井上 隆男

『鎌倉』118号

山武市内の法衣垂下式仏像について 濱名 徳順
御成小学校内発掘調査により検出された中世武家屋敷の建築
―南側武家屋敷について―
鈴木 亘
失われた閻魔王像をめぐって 奥 健夫
鎌倉の別荘地形成過程における沖守固の動向について 奥山 信治
『亀谷山記録』(13) 鎌倉古文書研究会
『鹿山公私諸般留帳』(45) 三渕 美恵子
神奈川の窓(35)―「地方史研究」から― 井上 隆男

『鎌倉』117号

御成小学校内発掘調査により検出された中世武家屋敷の建築 鈴木 亘
涪州行―蘭渓道隆の生地をたずねて― 彭 丹
北海道厚岸の旧鎌倉五山派国泰寺と真宗正行寺 関口 欣也
旧建長寺末寺考(9)―佐賀県(肥前国)編― 鈴木 佐
余録 鎌倉乃記(12)
与謝野晶子・寛、そして鎌倉(7) ―梅花の日(その4)―
坂本 俊雄
鎌倉長谷寺所蔵『長谷寺縁起文』について 内山 侑子
神奈川の窓(34)―「地方史研究」から― 井上 隆男

『鎌倉』116号

奉行人安威資脩伝 森 幸夫
江の島の中世石碑
―「大日本国江島霊迹建寺之記」碑の紹介と分析―
古田土 俊一、大塚 紀弘
室町期東国村落における年貢請負契約の成立とその意義
―熊野那智山・覚園寺領常陸国酒依荘・郷―
高橋 裕文
余録 鎌倉乃記(11)
与謝野晶子・寛、そして鎌倉(6) ―梅花の日(その3)―
坂本 俊雄
五大堂明王院の伽藍と縁起―「〔五大堂記録〕」を通して― 坪内 綾子
『亀谷山記録』(12) 鎌倉古文書研究会
神奈川の窓(33)―「地方史研究」から― 井上 隆男

『鎌倉』115号

北条時政とその娘たち―牧の方の再評価― 山本 みなみ
永享九年の「大乱」―関東永享の乱の始期をめぐって― 呉座 勇一
英勝寺客殿・仏殿・山門の年代について 関口 欣也
旧建長寺末寺考(8)
―福岡県(筑前・筑後・豊前国)編―
鈴木 佐
余録 鎌倉乃記(10)
与謝野晶子・寛、そして鎌倉(5)―梅花の日(その2)―
坂本 俊雄
游酔庵文庫所蔵『教業記(保延七年記)』翻刻(下) 伊藤 一美
『亀谷山記録』(11) 鎌倉古文書研究会
神奈川の窓(32)―「地方史研究」から― 井上 隆男